パーツフィーダ本体・直進フィーダ・コントローラ・スタンド・シュート・ボール・パーツフィーダ関連部品等は、 全て大阪自社工場にて製造する株式会社シマテック

ロータリーフィーダ 回転式パーツフィーダ

もう、パーツフィーダは 買わないでください!

パーツフィーダは、何年前に発明されたかご存知ですか?
1940年に米国シントロン社のウイリアム・ヴァーニス・スパーリン(William V. Spurlin)氏によって発明され、1950年頃 開発、商品化されたそうです(「自動供給技術Q&A600」より)。
いまだに 60年以上前の技術を使って整列供給しているわけです。

  • ガーガー 音がうるさい
  • 振動でワーク同士がぶつかり キズが付く
  • 振動が変動して 供給にムラが発生する
  • 供給能力が少ない
  • 振動や電磁コイルで 金属粉やチリの発生が心配
  • 摩擦で静電気が発生する

このような  欠点を解決する画期的なフィーダが電磁式振動パーツフィーダでない 回転式ロータリーフィーダです。

  • モーター駆動なので 振動しないから、音が静か
  • 供給能力が毎分30,000mm(パーツフィーダは4,000mm)なので供給能力が高い
  • パーツフィーダの約7倍の供給能力
  • クリーンルームにも最適

しかも カバー ALL SUS仕様 食品 医薬品や樹脂に最適ですが、鉄材のワークにも対応可能です。
万が一 能力が達成できない場合 返品 返金保証をおつけします。

高速供給でワークにやさしい、静かな環境を 是非ご体感ください。

example_title

PAGE TOP